全盛期のイチロー伝説

・3打数5安打は当たり前、3打数8安打も
・先頭打者満塁ホームランを頻発
・イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない
・先頭打者サイクルヒットも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で逆転
・ワンバウンドも余裕でヒット
・一回のスイングでバットが三本に見える
・バントでホームランが特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
・ホームランでも納得いかなければサードベース踏まないで帰ってきてた
・あまりに打ちすぎるから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球もヒット
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2安打
・バット使わずに手で打ってたことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す
・内野ランニングホームランなんてザラ、2周することも
・一塁でアウトになってからベンチに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでヒット打った
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面キャッチ
・グッとガッツポーズしただけで5点くらい入った
・スイングでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはイチローの場外ホームラン
・ライトの深い位置から三塁線のスクイズも処理してた
・ボーリングの球を楽々ホームランにしてた
・自分の打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス

・イチローのスイングによる衝撃波で体が真っ二つになったピッチャーがいた
・スカイフィッシュの正体はレーザービーム
・打席のイチローと目が合った投手は被安打100000と同等のショックを受けた。廃人になった者も
・イチローがヒットと言えばヒットに
・ボークも余裕でヒット
・イチローほどの動体視力があればボールの動きはおろか、ボールを作った人の名前まで分かる。
・バントで全米が泣いた
・イチローの打席のときだけ犯罪率が下がる
・スイングのおかげでイチローの打席のときだけ地球の気温が2度下がった
・流れ星の正体はイチローの打球
・実はノドンを一度打ち返してる
・数字の1はイチローの打席に立った姿がモデル
・イチローの打席のときの視聴率は200%。
2〜3台のテレビで見る人もざら
・日本には打球に乗って帰る

幼少時代のイチロー伝説

・他の園児が通園バス、お母さんの自転車の後ろに乗りながら登園する中、走って登園
・お母さんを自転車の後ろに乗せ登園する事も
・お泊まり保育にも関わらず自宅で就寝
・「家に帰りたい」と泣きじゃくる子の代わりに帰宅した事も
・お昼寝タイムで先生を抱いた
・イチローの入園を拒否した幼稚園は政府に消された
・運動会で巨人と阪神のスカウトが視察に来た
・お遊戯会でイチローの演技を観た浅利慶太が大粒の涙をこぼした事はあまりにも有名
・いじめらて泣いている友達にバットをプレゼント
・土日も登園
・予防接種を拒み泣く子供の代わりに注射を受けた
・小さい頃の夢はタクシーの運転手
・デパートで迷子になり、話を聞いた従業員が探しに行ったがその従業員も迷子に
・小さい時から、真面目で良い子だった。そのため時々悪戯をすると次の日大雪が降った。あいてはしぬ
・地元の小学校に進学するつもりが、ついうっかりハーバード大学に進学

ピークを過ぎたイチロー伝説

・51歳までマリナーズに所属。
・足が遅くなったため内野安打を諦め、本塁打を狙うようになる。
・ダブルヘッダーで8打席もあったにも関わらず7安打しか打てないという悲劇。
・メジャーで本塁打王を5回獲得
・51歳のとき、骨折し、「神のお告げ」と言って帰国。
・日本でオリックスに再入団。
・四番を打つ。
・日本ではランニングホームランにこだわり、フェンスを越えるて異様に悔しがり、ベースを一周しない。
・ランニングホームランのみを42本放ち、本塁打王。
・打率301本塁打25盗塁45の成績で「自分のプレイができなくなった」として引退。

オリックス二軍時代のイチロー(鈴木一朗)

・全盛期には程遠い、3打数4安打程度が限度だった
・センターからピッチャーをやっていたのもこの時期
・セーフティバントのつもりがホームランになるなど、力加減が分かっていなかった
・ホームランを打ったのに、それに気付かず三振したと思い込みベンチに下がる
・フルスイングするたびに周囲に怪我人が発生し、途中交代させられる事も
・前のランナーを追い越す、他の打者の打順を無視して打席に入る事も日常茶飯
・ランニングホームランを打って二周目に突入し、一塁でアウトに
・試合の無い移動日に1盗塁
・土井監督はイチローの技術を見て、自分ではコントロール出来ないと悟りあえて二軍に落とした
・当時イチローの実力を見抜いていたのは土井監督のほか星野仙一、佐藤藍子などごくわずかだった

・さすがのイチローも独身時代はクリスマスには勝てなかった
・しかしクリスマスにも内野安打
・イチローは、彼女へのクリスマスプレゼントに、内野安打をプレゼントしたことがある
・その内野安打を三塁打で食い止めたのが現夫人
・二塁打で食い止めたのが愛犬の一弓
・イチローは、イブの夜にイチローのバットを物欲しそうに眺める彼女にバイブをプレゼントしたことがある
・イチローの独身時代は全神戸でクリスマス中止
・実は神戸の全孤児院にプレゼントを配っていたのはイチロー
・プレゼント配布中の練習試合で3安打
・毎年NORADに追跡されるが未だ捕捉された試しが無い
・イチローの乗っていたマーチが10億円で落札され物議を醸した
・その昔あった宣伝コピー、イチロニッサンとはイチローを現している。
・イチローは世界中の子供達にプレゼントを渡して疲れ切ったサンタにユンケルをプレゼントした
イチローは世界中の貧しい人達にバットとグローブをプレゼントした
世界的に野球が普及することを祈っ
・その一本でもう100年は頑張ってる
・イエス・キリストのモデルになったのもイチローでいいだろ
・所用で試合に遅れてしまい9回からライトの守備について1セーブついた
・鼻が赤くて悩んでるトナカイにバットをプレゼントしたことがある
・イチローはプレゼントとボールを紐で結んで全国の子供たちに向けて打っている

61260view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 13:25:40 (3953d)