全盛期の岩瀬伝説 

・3試合5登板は当たり前、3試合8登板も
・先頭打者ホールドを頻発
・岩瀬にとっての先発は中継ぎからの降格
・50連投、60連投も日常茶飯
・1点先制した後の1回裏1死から、チームメイト全員負傷の状況から1人で救援
・ど真ん中でも余裕で三振を取る
・一回の投球でボールがが三つに見える
・代打でホームランが特技
・マウンドに立つだけで相手打者が泣いて謝った、心臓発作を起こす打者も
・あまりに抑えすぎるから岩瀬が登板したらストライクゾーン半分
・それでもど真ん中でぜんぶ奪三振
・バッターを一睨みしただけでストライク
・試合の無い移動日でも2連投
・グローブ使わずに両手で投げてたことも
・自分の投球を自分でキャッチして自分でマウンドに投げ返す
・落合英二と交代してから連投する方が早かった
・ブルペンで三振取った
・投球キャッチしようとしたキャッチャーと、それを受け止めようとした審判、バッターともどもバックネットに叩き付けた
・それ以来30%の力で投げている事は有名
・グッとガッツポーズしようとしたが、川上とかぶるのが嫌でしなかった
・湾岸戦争が始まったきっかけは岩瀬の82連投

全盛期の岩瀬仁紀伝説

・3イニング5奪三振は当たり前、3イニング8奪三振も
・先頭打者空振り三振を頻発
・岩瀬にとってのゴロアウトは三振のとりそこない
・先頭打者見逃し三振も日常茶飯
・9回裏無死満塁1点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で3者連続三振
・ワンバウンドも余裕でストライク
・一回の投球でボールが三つに見える
・バッティングも得意
・マウンドに立つだけで相手打者が泣いて謝った、荷物をまとめ始める投手も
・三振でも納得いかなければ帰ってこなかった
・あまりに打てなさすぎるからど真ん中以外ボール扱い
・そのど真ん中で空振り三振
・バッターを一睨みした瞬間ボールがミットに収まっている
・試合の無い移動日でも2奪三振
・指を使わずに手のひらで投げてたことも
・投球キャッチしようとしたキャッチャーと、それを見ていた球審ともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら奪三振
・グッとガッツポーズしただけで5人くらいアウトになった
・スライダーでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは岩瀬の9年連続50試合登板
・ボーリングの球を楽々スライダーにしてた
・自分の投球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス

10300view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-27 (月) 22:50:56 (3519d)