全盛期の多村伝説 

・1日で5回のの骨折は当たり前、3日8回の骨折も
・初回のスライディングで骨折を頻発
・多村にとっての骨折は打撲のしそこない
・一打席目のねんざも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員絶好調の状況から1人で骨折
・ワンバウンドも余裕で骨折
・一回のスイングで骨が三本に割れる
・スライディングで複雑骨折が特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った(怪我をさせた意味で)、交代を願う投手も
・骨折でも納得いかなければもう一回骨折してきて帰ってきてた
・あまりに怪我するから打席入るだけでもヒット扱い
・そのボールも当たって怪我
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが足に飛んでくる
・試合の無い移動日でも心臓発作
・バット使わずに手で打ってたことも
・そのお陰で1ヶ月を棒に振った
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返したら怪我した
・骨折なんてザラ、骨が2周することも
・一塁で怪我してから病院に帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでボールに当たった
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面キャッチして怪我
・グッとガッツポーズしただけで5回くらい病院に入った
・スイングで骨が折れたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは保険の事
・ライトの深い位置から三塁線のスクイズも処理して怪我した
・ボーリングの球を楽々足に当てて骨折してた
・自分の打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス
・もちろんボロボロになっている
・すぐスペる
・ネタはすべらない

全盛期の多村仁伝説 

・3打数5負傷退場は当たり前、3打数8負傷退場も
・先頭打者スタメン落ちを頻発
・多村仁にとっての登録抹消は負傷退場のしそこない
・先頭打者サイクルじん帯断裂も日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員健在の状況から1人で途中交代
・ワンバウンドも余裕で打撲
・一回のスイングであばらが三本折れる
・バントで自打球を食らうのが特技
・打席に立つだけで多村が泣いて謝った、心臓発作を起こす場合も
・ホームランでも納得いかなければサードベース踏む事なく担架で運ばれた
・あまりに怪我しすぎるから牽制球でもデッドボール扱い
・その牽制球も多村にヒット
・ピッチャーに一睨みされただけで多村がベンチに帰っていく
・試合の無い移動日でも2交代
・バット使わずに手が折れたことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチしようとして転んで怪我した
・一塁でアウトになってから救急車で帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでぎっくり腰
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手に挟まれて病院送り
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面からフェ

全盛期の多村伝説 

・多村にとっての骨折は即死の死にそこない
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から家族でイケアに直行
・一回のポスター撮影で肋骨が50本折れる
・整形外科に行くだけで医者が泣いて謝った、心臓発作を起こす医者も
・あまりにスペるからねんざでも難病認定
・全試合出場宣言してから全試合欠場する方が早かった
・ウェイティングサークルでスぺった
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともども交錯してスぺった
・病気の子供に同室になることを約束
・グッとガッツポーズしただけで50本くらい骨折った
・湾岸戦争が始まったきっかけは多村の交通事故
・突き指程度のケガを楽々全治3年にしてた
・自分の打球に飛び乗って診察室まで行くというファンサービス
・あまりにスペるので最初からICUに住んでいた時期も
・多村の故障に医学会が反応してしまうので打席中は医師団が待機していた
・寝違えでICUまで行けた
・あまりスペると保険会社が倒産するからスペりたくないという名言
・多村がフル出場すればその試合は大洋の勝ちというルールはもはや伝説
・ガードとしてダイヤの全身タイツを着て打席に入るルールも導入されたが全然ガードにならなかった
・全盛期の多村がスぺった試合を観客席で見ていた子供がその場でブログを確認したらすでにブログに言い訳がしてあった

全盛期の多村仁伝説 

・3打数5骨折は当たり前。3打数8骨折も
・先頭打者骨折を頻発
・多村にとっての骨折はねんざのしそこない
・先頭打者サイクル骨折も日常茶飯事
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況で骨折
・ワンバウンドの球でも余裕で骨折
・一回のスイングで三箇所の骨折
・バントで複雑骨折が特技
・打席に立つだけで骨折
・骨折でも納得いかなければ、自分で複雑骨折にした
・ピッチャーが一睨みしただけで骨折
・試合のない移動日でも2骨折
・イチローのレーザービームで骨折
・ウェイティングサークルで骨折
・グッとガッツポーズしただけで骨折
・お立ち台に上るときに骨折
・インタビューアーのマイクがぶつかり骨折
・ファンと握手しただけで骨折
・ボールにサインを書いてるだけで骨折
・王監督に叱られて骨折
・松中の禿げてる部分を触って骨折
・ビリーズブートキャンプにトライして骨折
・難病と戦う少年を球場に招待。その少年が見てる前で複雑骨折

全盛期のスペ選手伝説

・3打数5死球は当たり前、3打数8自打球も
・くつひも結ぼうとしてぎっくり腰を頻発
・多村にとってのひとりエルボーは着地のしそこない
・鎖骨を「ちゃん」づけするのも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員健康の状況から1人で入院
・ワンバウンドも余裕で突き指
・一回のスイングで肋骨が三本折れる
・たまにまともなケガをするのが特技
・フェンスに向かうだけで味方応援団が泣いて謝った、心臓発作を起こす試聴者も
・ホームランでも納得いかなければベースランで代走送られ帰ってきてた
・あまりにスペすぎるから100試合でもフル出場扱い
・その1試合目で欠場
・ピッチャーを一睨みしただけで砂が目に飛んでいく
・試合の無い移動日でも風邪をひく
・バット使わずに顔でスクイズしたことも
・一軍登録後1時間でスペって翌日にはまた登録抹消
・内野ゴロで肉離れなんてザラ、毎年する選手も
・前歯が折れた治療後ベンチから帰ってくる方が早かった
・ベンチでファールボールが顔面に直撃した
・観客の韓国人のヤジに反論しようとして舌を噛む
・湾岸戦争に徴兵される前にもうスペってた
・バランスボールから落ちて楽々今季絶望
・家族の健康を祈願して自分が風邪をひく不安サービス

全盛期の多村仁伝説

・3日で5打撲は当たり前、3時間8捻挫も
・第1打席で故障を頻発
・多村にとっての捻挫は靭帯の切り損ない
・先頭打者の打球処理で故障も日常茶飯時
・9回、勝利目前の状況からベンチで転倒して骨折
・自宅を出るだけで主治医が泣いて謝った、心臓発作を起こすコーチも
・故障でも納得いかなければ高速で事故ってきた
・あまりに故障しすぎるから相手バッテリーが全打席敬遠
・その敬遠球を打とうとして肉離れ
・鏡で自分を一睨みしただけで健康がどこかに飛んでいく
・試合の無い移動日でも2捻挫
・開幕前に故障なんてザラ、シーズンを棒に振ることも
・一塁でアウトになってから担架で運ばれる方が早かった
・ウェイティングサークルで怪我をした
・自分の無病息災を神社で祈願して風邪を引く
・観客のヤジに普通の日本語で反論しながら転倒
・グッとガッツポーズしただけで痙攣
・スイングで肉離れを起こしたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは多村とは全然関係ない
・ボーリングの球なんか以ての外
・自分の打った打球に飛び乗ってスタンドから病院まで行くというファンサービス

16484


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-27 (水) 14:02:18 (3918d)