全盛期の北原師匠伝説 

・3曲5うなりは当たり前、3曲8うなりも
・先頭パート大声ダイヤモンドを頻発
・師匠にとってのミリオンは大声ダイヤモンドの唄いそこない
・先頭公演大声ダイヤモンドも日常茶飯
・公演終了100日後、観客席全員帰宅の状況から1人で呼び戻す
・ポニーテールとシュシュも余裕で熱唱
・一回の歌唱でマイクが三本に見える
・ダンスでうなぎの擬態が特技
・劇場に立つだけで観客席が泣いて謝った、発作でMIXを打つ観客も
・コンサートでも納得いかなければセトリを守らないで帰ってきてた
・あまりに唄いすぎるからイントロでも爆笑扱い
・そのイントロも演奏
・プロデューサーに一睨みされただけで歌詞が頭の中から飛んでいく
・公演の無い休養日でも2うなり
・マイク使わずにMIX打ってたことも
・自分の大声ダイヤモンドを自分で録音してスピーカーで流し返す
・海外公演でうなった
・自宅訪問しようとした指原と、それに付き合おうとした小森、大家、横山のメンバーともども門前払いさせた
・観客のピンチケのヤジに流暢な名古屋弁で反論しながら背面うなり
・グッと腰をうなっただけで5万枚くらい売れた
・大声ダイヤモンドでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは師匠の大声ダイヤモンド
・ステージの深い位置から萌乃がノイズを処理してた
・自分の唄声に飛び乗って秋葉原まで行くというファンサービス

http://www.youtube.com/watch?v=5ZmaqlLbisU

1125view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-21 (木) 11:56:44 (2737d)