全盛期のアニサマ伝説

・1公演16ユニットは当たり前、2公演34ユニットも
・先頭歌手全員大合唱を頻発
・福山にとっての歌詞間違いはシャウトのしそこない
・鳥の歌で煽るのもも日常茶飯時
・トリ前、チームメイト負傷の状況から20000人で大合唱
・一曲だけも余裕でUO
・一回のPPPHでサイリウムが三本に見える
・音響ミスで会場に音声が載らないのが特技
・ステージに立つだけで登場歌手が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす若手も
・MOTTO!MOTTO!でも納得いかなければ無限にMOTTO!MOTTO!
・あまりに打ちすぎるからサイリウムでもUO扱い
・そのサイリウムも飛んでっけー
・平野が一睨みしただけで観客が前に走り出し連れ出される
・公演の無い移動日でも20000人
・サイリウム使わずに手で打ってたことも
・自分の曲を自分以外の誰かとしてカバーして歌う
・登場の時に声が載らないなんてザラ、下田することも
・アウェーだと思ったら案外ホームでMCが長かった
・ウェイティングサークルでSKILLをみた
・めがねキャッチしようとした観客と、それを受け止めようとしたMOZAIC.WAV、MIKO、AVE:NEWの選手ともども打たせた
・グッとガッツポーズしただけで2回くらい転んだ
・JAMの出番で火災が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはスーパー遠藤タイム
・歌いだしを忘れたので隣の人を凝視した
・変拍子の曲を見事にこなしてた、でも謝った。
・店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年をアニサマに招待
・自分のユニットの重大発表を適当に言って笑わせるファンサービス

1416view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 20:20:00 (4073d)