全盛期のヤムチャ伝説 

・3試合5敗は当たり前、3試合8敗も
・死亡フラグ発言を頻発
・ヤムチャにとってのかめはめ波は操気弾の打ちそこない
・自爆に巻き込まれて死ぬことも日常茶飯
・べジータ・ナッパ戦チームメイト全員無傷の状況から1人で自爆で死亡
・金的も余裕でヒット
・一回の攻撃で足元がお留守に見える
・狼牙風風拳でホームランが特技
・戦場に立つだけでサイバイマンに泣いて謝った、心臓発作を起こすことも
・自爆で殺されても納得いかなければ界王星で修行しないで帰ってきてた
・あまりに死にすぎるから神龍でも2度死に扱い
・その後生き返っても死亡
・サイバイマンに一睨みされただけで自爆
・試合の無い移動日でも2回自爆
・操気弾使わずに手で打ってたことも
・自分の操気弾を自分でキャッチして操気弾で投げ返す
・噛ませ犬なんてザラ、骨折することも
・龍玉で生き返ってから死ぬ方が早かった
・都で長髪はダサいので髪を切った
・操気弾をキャッチしようとしたシェン選手と、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターのヤムチャともども自爆させた
・観客の鶴仙人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら「ヤムチャさーん」
・グッとガッツポーズしただけで5回くらい死亡フラグたった
・操気弾でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはヤムチャの砂漠での悪行
・砂漠のブルマからフライパン山のチチも処理してた
・自分の操気弾に飛び乗ってセルゲームまで行くというファンサービス

3042view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 20:20:19 (3303d)